2014年11月24日月曜日

執着。捨てられる立場を選んでしまうあなたの恋。



「どうしても彼がいいんです」

振られれば殆どの方が、取り戻そうとします。

これはRLもSLも変わらず。


振る立場だと、こういうことは全く思わないのにね。


捨てられる=存在を否定される。

こんな感じでしょうか。

取り戻すことで自分を取り戻したと勘違いされる場合が多いです。

そういうのは、元々恋愛ではないのです。


SLは、サブアカウントも簡単に作れますし、

非常に浮気がしやすい世界です。

見方を変えればとても自由な世界。


IMがありますから、

ふたりきりで居る時も、IMで誰かと話をしているかもしれない。

疑心暗鬼に満ちています。


RLではさすがに表立って会話中に他の人との会話は出来ませんが。

メールもLINEも盛んな時代なので、

信用信頼する、ということが難しくなってきています。


裏を返せば、信用信頼を得るという事は、

とても貴重なものだと言えます。


振られた方。捨てられた方。

自分の恋愛を振り返ってみてください。

押し付けの愛情を注いでいませんか?

怯える恋愛をしていませんか?


原因はそこにあると思うのです。


たかがゲーム。されどゲーム。

中の人には、しっかり感情があるのです。

対コンピューターのゲームでは無いのですから。


キーワード: オンラインゲーム,MMO,RPG,ゲーム,online,game


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村



2014年11月15日土曜日

SLのコミュニケーション



今月はC88の情報がほとんど見かけなかったので、

すんなり入れる今頃になって行ってきました。

今日着替えた服は、88で購入したものです。

髪は先月、88で買いました。


一時期。記憶ではちょうど一年前ぐらいに、

C88の記事が爆発的に掲載されて、

質の良さ、88L$、188L$という低価格設定が好評でした。


今は価格が上がってきて、

あそこで買う、というお得感がなくなりました。

それでも、掘り出し物はありますが。


相変わらずソラマメには情報が並んでいます。

けれど、欲しい情報は?というと、

殆ど無いのです。

私自身も、たまに着替えの記録として利用するようになりました。


大勢の人がいる場所に出かけて、

会話で情報収集するほうが良い時代になったのでしょうか。

それは以前からもありましたが、

カフェやたまり場にさえ行かなくなった今、

少し寂しく感じています。


以前は。

SIMの一角の建物の中なのに、とても広く感じていました。

海外の人も大勢来ていたし、

キャンプで小銭稼ぎしつつ会話を楽しむという、

コミュニケーションがとれていました。

そして、行きつけの場所が消え、SIMも消え。


SLは本当に良く出来た素敵な世界だと思います。

きっとこの感情は、

私自身がRLであれこれやり始めて、いるからでしょう。

以前のように起きている間、PCに張り付いている事もなくなりました。

レアよ。と言えるかもしれませんが、

今はレアになってしまったユーザーが多いのが現状です。


さて、クリスマスへ向けてテンションあげて生きましょうか。

キーワード: オンラインゲーム,MMO,RPG,ゲーム,online,game


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村






2014年11月6日木曜日

恋に恋するという重い執着。


空の高度な設定をいじって、

素敵な夜明けの空を作りました。

もっと黎明に近くて、

暁っぽいのも好きなのですが、

今回は日の出直前の夜明けです。



占いのお客様で、

復活愛(略奪愛)を目論んでいる人がいます。

元恋人には新しいお相手がいて、

冷静に考えれば、

完全に捨てられている状態。

なのに、

どうしても忘れきれなくて恋人同士に戻りたいという希望。


占いでは、無理!と出ました。


それでも戻りたい。愛されたい。付き合いたい。

たい、たい、たい。

受け身で待ち続けているのです。

それじゃ復活愛も出来ませんねとアドバイスして、

自己研鑚に励んでもらってるんですが。


執着執念の塊になってしまっているのです。


こんな時は何を言っても、

自分に都合の良い言葉しか聞き届けないのです。


もったいない時間の過ごし方。

その人の選んだ生き方なので、

占い的にアドバイスはしますが。

この恋に勝ち目なし。

きっと今夜も眠れぬ夜を過ごしてしまうのでしょう。

いつか笑い飛ばせる日々が来ると良いのですが。


キーワード: オンラインゲーム,MMO,RPG,ゲーム,online,game


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村