2011年3月21日月曜日

震災後の吉報!(個人的)

ソラマメBlogと重複してしまいますが、
あまりにも嬉しい事なのでこちらにも記しておきます。
(多分ここしか見ていない方もいらっしゃると思うので)
こちらの方がちょっと詳細が多いです。

私にはもう10年以上前にネットで知り合った友人がいます。
気仙沼に実家があって、
今回の津波と火災の被害が大きかった所です。

震災直後、友人から「家族と連絡がとれていない」と悲痛なメールが来ました。
その後ずっと心を痛めていたのですが、
今日、
「家族全員と連絡が取れた!」
と、吉報の電話がきました!

万歳!神様ありがとう!友人も私も一安心出来ます!

詳細を聞いてみると、
気仙沼でも友人の実家はやや高台にあって、
二軒あった家のうち、海側の家は津波に飲まれてしまったそうです。
道を挟んだもう一軒の家は、一階が津波にさらわれ、
二階部分だけ取り残されたと話していました。

どれくらいの高さの所なのか不明なのですが、
友人がいうには、
「あんな所まで津波がくるとは思わなかった」
と、言っていましたので、それなりに丘の上だったのだと思います。
津波の力は想像を絶するものがありますね。

今まで津波というと、
ほんの数cmだったりとか、高くても1mいかなかったりとか、
そういう情報しか知らなかったので、
今回は映像が流されるたびに恐怖心で鳥肌が立ちます。

津波後の瓦礫の中からご遺体が次々と発見されてきています。
まだ消息不明で探し回っている人も多数いらっしゃいます。
その中でこんな記事を書くのはどうかとおもったのですが、
昨日は倒壊家屋の中から、80歳のおばあちゃんと16歳のお孫さんが救出されました。
ですから、探している人も希望を捨てないで欲しいです。
まだ、救出を待っている人がいる可能性は否めません。
早くご家族や知人の方の消息がわかる事を祈りつつ、
今日の記事でご報告させてもらいました。

こんなに日数が過ぎていても、安否確認できたのです。
個人的ですが、ほんと嬉しくて嬉しくて嬉しくてたまりません。
電話をもらった時、気が緩んでうれし泣きしてしまいました。

SLのほうの話ですが、
やはり震災後にログインしなくなった人がいます。
安否の情報確認が出来ないので、
またログインして下さるのを待ち続ける日々が続いています。

Help Japanの活動も活発になっています。
世界中がSLを通じて日本を心配してくれています。
これも本当にありがたい事です。
たかがゲームの中と思われるかもしれませんが、
人と人のつながりは国境を越えています。
とても嬉しいつながりです^^。

これから少しずつ復興して、一応安定した生活になったら
また日本はどこかで被災された方々に恩返しをしなければならないと思いました。
英語で応援してくれる方もいて、
(これはツイッターのほうですが)
本当に嬉しい限りです。

キーワード: オンラインゲーム,MMO,RPG,ゲーム,online,game

にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村

0 件のコメント: